フィアットデュカトのご紹介(内装編)

玄関上にインフォメーションパネルがあり、
車両と居室のバッテリー残量や上下水位計などが確認できます。
左の白いパネルはテレビアンテナの調整に使用する表示窓です。

車内を時計回りに見てきまして、前方リビングスペースに帰ってきました。

照明は多めに感じます。照明次第でいろんな表情が楽しめますので嬉しいです。

棚の一つにDVD付きテレビが入っています。屋根に付いている衛星アンテナを使って地上波無料チャンネルを視聴可能。HDMI端子があるのでゲームなど外部機器も接続可能です。

ここまでぐるっと居室を見てきましたが、やはりこのキャンピングカーの一番の良さは広さを最大限活かした間取りだと思います。

お父さん目線の利点としては、
前方と後方に常設ベッドがあり、中央にキッチンとリビングがあるため、夜家族が寝静まってもそこで仕事やブログなどの作業を行うことが可能ということ。

家族それぞれの利点としても、
各自パーソナルスペースが確保出来るので長旅でもストレスを感じません。

これは大人の友人同士の旅でも助かります。
2段ベッドがあることで、4箇所に独立した就寝スペースが確保できます。

それでは運転席に入ってみましょう。

Androidオーディオが付いていますのでグーグルナビが使用出来ます。
通信料を使わないGPSナビ機能もついていますので、ニュージーランドの地図カードを購入すれば、そちらを利用することが可能です。

iPhoneの音楽がブルートゥースで簡単にリンクされるのは嬉しいです。もちろんYOU TUBEも視聴可能。

一方でこういったチープなアナログ装備が旅の気分を盛り上げてくれますね。
車両のフィアットデュカトは配達などの業務用として広く使われていますので、書類を挟むこんなパーツが付いているのです。

最後に現在の走行距離と各種納税等カードをご案内しまして今回の記事を終わります。長くなりましたが最後まで見て頂き有り難うございます。

1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です